自分のやりたい仕事をしたい、自分の思い通りの仕事をしたいと思う人は、企業の中では上手く立ち回る事ができませんので、思い切って独立し会社設立を考えたほうが良いと言えます。


会社設立を考えた場合、ますは会社とは何であるか基礎的な知識を持つ事が必要とされます。



会社には種類があり、それぞれに特徴があります。

自分の目指すものが決まっているのであれば、その手段として会社設立を考える訳ですから、どんな会社にするかを選択する必要があります。



会社には、株式会社、有限会社、合資会社、合名会社があり、それぞれに良い所も悪い所もあります。

ですから自分の会社設立にどれが合うのかじっくりと検討する必要があります。株式会社は、設立に大きな労力を使いますがメリットは一番大きい形態です。


株式会社では、株の存在が大きな特徴の一つですが、株主から出資してもらう事で運営資金を確保できると言うメリットがあります。

その反面株主が大きな力を持っているので、株主総会により経営を難しくする面も持っています。

有限会社は、簡単に言えば株式会社をより小規模にしたと言う解釈もできます。




負債の責任が出資額に限られると言う意味を持つもので、社員数などの制限があります。



会社設立が難しい株式会社を、簡単にするためにできた形態と言えます。
他にも合資会社や合名会社がありますが、どちらの場合も資本金が少なくても設立できる事や、会社設立のための手続きが簡単に行えると言う特徴があります。

会社設立を考えれば、この内のどれかの形態を選択する事になりますので、資本金や従業員数、責任能力などから考えて選ぶ必要があります。



会社設立には周囲へ与えるイメージも考える必要があります。

株式会社にはしっかりしていると言うイメージと信頼感がありますが、有限会社には何故株式会社にしないのか、と言うイメージも湧いてきます。

また合資・合名会社では存在すら知らない人も多くいます。

会社設立に当たっては、形態からくるイメージも含め十分に検討する必要があります。


https://www.youtube.com/watch?v=dvBv8dRfbDA
http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=266&p_org_id=70&lang=JA
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1361911818